朝日新聞 購読キャンペーン

朝日新聞購読キャンペーン

朝日新聞の購読申込ページ 「大阪地震 校長「塀の危険、3年前に伝えた」」

朝日新聞を公式サイトから購読申込する場合の注意事項

 

朝刊のみご希望のお客様は「配達への要望」欄に朝刊のみとご記入ください

 

申込ページでは朝夕刊セットの値段しか記載がございませんが

朝刊のみでも申込可能です。

 

ただし朝夕刊セット地域では朝刊のみ月極め料金が販売店によって異なるので

売店があいさつに来た時などご確認ください。

カタログギフトプレゼントキャンペーンで申込たい方 下記↓↓クリック

 

 

 

 朝日新聞の朝刊紙面より「市教委が安全と判断」

f:id:vyh04236:20180622063642j:plain

 

大阪府北部を震源とする最大震度6弱地震で、大阪府高槻市の寿栄(じゅえい)小学校のブロック塀が倒れ、4年生の三宅璃奈(りな)さん(9)が亡くなった事故について、田中良美校長は21日、3年前にブロック塀が危険だと外部から指摘を受け、市教育委員会に伝えていたことを明らかにした。市教委が現場を確認したが、安全だとしていたという。

この日あった非公開の保護者向け説明会後の会見で証言した。校長によると、2015年度に開いた防災研修の際、外部から招いた講師に学校周辺の危険箇所について指摘された。その中に、今回の地震で倒壊した学校のプールの塀も含まれていた。このため、田中校長が市教委に伝え、市教委が調べたという。

 市関係者らによると、講師は防災アドバイザー。市教委が16年2月にブロック塀をハンマーでたたくなどするテストを実施して、安全である、と学校側に伝えたという。

 田中校長は「市教委に報告して点検していただいた。危険という認識はなかった」としている。

 ブロック塀は高さ3・5メートル。基礎部分(1・9メートル)にブロック8段(1・6メートル)を積み上げた構造。今回の地震で長さ約40メートルにわたって倒壊した。建築基準法施行令では高さ1・2メートルを超す場合、補強のための「控え壁」が必要だが、備えていないなど、市は違法な建築物だと認めていた。府警が業務上過失致死容疑で捜査している。

朝日新聞より引用

朝日新聞の購読申込ページ 「4年前のコロンビア戦を解説、西野監督の奇縁」

朝日新聞を公式サイトから購読申込する場合の注意事項

 

朝刊のみご希望のお客様は「配達への要望」欄に朝刊のみとご記入ください

 

申込ページでは朝夕刊セットの値段しか記載がございませんが

朝刊のみでも申込可能です。

 

ただし朝夕刊セット地域では朝刊のみ月極め料金が販売店によって異なるので

売店があいさつに来た時などご確認ください。

カタログギフトプレゼントキャンペーンで申込たい方 下記↓↓クリック

 

 

 

 朝日新聞の朝刊紙面より「対戦相手、状況に応じて色々な絵を描いている

f:id:vyh04236:20180621094418j:plain

日本の西野朗監督は、前回ブラジル大会でのコロンビア戦を朝日新聞で解説していた。当時はJ1名古屋の監督だった。

「自分たちのスタイルだけでは勝てない。それがW杯という舞台なのだと思う」。これが、導き出した結論だった。

 前回の日本は、パスをつないで主導権を握ろうとした。そのことは否定しなかった。「問題はそれ以外に点を取りに行くオプションを持っていなかったことではないか」「一つのパターンで攻め続けては強豪チームの守備は崩せない」。3試合で1勝もできなかったチームをそう評した。

 

西野氏が代表監督に就任したのは大会直前で、準備に与えられたのは3試合だけだった。「対戦相手、状況に応じて色々な絵を描いている」の言葉通り、メンバーを固定せず、戦い方も一つに絞らなかった。

 迎えたコロンビア戦、柴崎、香川、乾の先発起用には、中盤で球を保持する狙いがうかがえた。相手が10人になったこともあり、特に後半は思い通りの展開に持ち込めた。

 次は身体能力の高いセネガルを相手に、どう戦うのか。成功体験にとらわれない采配を、見てみたい。

朝日新聞より引用

 

 

朝日新聞の購読申込ページ  「「パスじゃダメだ」頭よぎるギリシャ戦」

朝日新聞を公式サイトから購読申込する場合の注意事項

 

朝刊のみご希望のお客様は「配達への要望」欄に朝刊のみとご記入ください

 

申込ページでは朝夕刊セットの値段しか記載がございませんが

朝刊のみでも申込可能です。

 

ただし朝夕刊セット地域では朝刊のみ月極め料金が販売店によって異なるので

売店があいさつに来た時などご確認ください。

カタログギフトプレゼントキャンペーンで申込たい方 下記↓↓クリック

 

 

 

 朝日新聞の朝刊紙面より「大迫ゴール生む」

f:id:vyh04236:20180620102703j:plain

 

日本の試合運びを支えたのは、前回ブラジル大会の教訓だった。

 早々に相手が退場者を出して数的優位に立った。4年前、同じく10人となった相手を崩せず0―0で引き分けたギリシャ戦が選手たちの頭をよぎる。当時もプレーしたFW大迫は思った。「パスをつなぐだけじゃダメだ」。仲間に言った。「ゴール前に球を入れてくれ」

 ゴール前に入り込んでこそ、相手に怖さを与えられる。その意識が勝ち越し点に結びついた。

 直前のプレー。右からのクロスにペナルティーエリア内で体を張ってキープする。踏ん張りに応えるように、DF酒井宏もゴール前へ走り込む。パスを受けて放ったシュートが相手に当たりCKに。決勝点が生まれた。

 もう一つ生きた教訓がある。後半14分、相手が司令塔のMFロドリゲスを入れてきたときだ。大挙したコロンビアサポーターが盛り上がり、異様な雰囲気が漂った。4年前の初戦、コートジボワール戦をほうふつとさせた。当時はエースFWドログバを投入され、慌て、混乱し、逆転された。

 この日は、決して動じなかった。中盤で動き回るロドリゲスを、近くにいる選手が対応。たとえ1人が抜かれても、すぐカバーする守備陣形を作り出した。MF原口は「彼の動きにそこまでのキレを感じなかった」。負傷を抱えるロドリゲスの状態を、見極める冷静さがあった。

 ブラジルでの悔しさを、この一戦にぶつける――。オーストリアでの直前合宿から、3度目のW杯に臨む本田や岡崎が仲間に話し、議論した。あのときどうすれば良かったか、似た状況が来たら今度はどうするか。経験はチームに広がった。

 前回大会の敗退後、悔し涙を流したDF長友が言った。「この4年、苦しいことも多かったけどみんなで戦えた。だから、神様がご褒美をくれたんじゃないかな」

 朝日新聞より引用

 

朝日新聞の購読申込ページ  「ネット通販が物価押し下げ」

朝日新聞を公式サイトから購読申込する場合の注意事項

 

朝刊のみご希望のお客様は「配達への要望」欄に朝刊のみとご記入ください

 

申込ページでは朝夕刊セットの値段しか記載がございませんが

朝刊のみでも申込可能です。

 

ただし朝夕刊セット地域では朝刊のみ月極め料金が販売店によって異なるので

売店があいさつに来た時などご確認ください。

カタログギフトプレゼントキャンペーンで申込たい方 下記↓↓クリック

 

 

 

 朝日新聞の朝刊紙面より「2%上昇未達の日銀試算」

日本銀行は18日、インターネット通販の拡大で小売業者間の値下げ競争が激しくなったことで、消費者物価指数(生鮮食品、エネルギーを除く)の上昇率が2017年に0・1~0・2%幅押し下げられた、との試算を公表した。日用品や家電などネット通販と競合する商品に限ると、0・3%幅程度の押し下げ効果があるという。

 日銀は、人々がネットで買い物をする比率が消費者物価に与える影響を推計。「ネットでの購入比率が上がると、物価が押し下げられる結果になった」として、17年のネット通販購入比率の前年比伸び率(0・6%)をもとに、具体的な影響数値も試算した。

 日銀は物価上昇率「2%」の目標を掲げているが、伸び悩んでいる。総務省の物価統計の調査対象にネット販売の価格は含まれておらず、直接の影響はない。ただ、世界的にも、アマゾンなどのネット通販が実店舗の値下げを促し、物価を下げる「アマゾン・エフェクト(効果)」と呼ばれる現象が起きているとの指摘があり、日銀も目標の達成が遠い要因の一つだと証明したかったようだ。

 ただ、ネット通販が物価を押し下げているのは事実とみられるが、今回の試算はごく単純な計算式で、数値の振れ幅も大きい。人件費などで通販の物流費も上昇しており、今後物価を押し下げる動きが加速するかは不透明だ。]

朝日新聞より引用

 

 

 

 

朝日新聞の購読申込ページ  「4年前の悔しさ晴らすために 長友が本田に伝えた苦言」

朝日新聞を公式サイトから購読申込する場合の注意事項

 

朝刊のみご希望のお客様は「配達への要望」欄に朝刊のみとご記入ください

 

申込ページでは朝夕刊セットの値段しか記載がございませんが

朝刊のみでも申込可能です。

 

ただし朝夕刊セット地域では朝刊のみ月極め料金が販売店によって異なるので

売店があいさつに来た時などご確認ください。

カタログギフトプレゼントキャンペーンで申込たい方 下記↓↓クリック

 

 

 

 朝日新聞の朝刊紙面より「もうあんな経験はしたくない」

f:id:vyh04236:20180618060557j:plain

髪を金色に染めあげた不動の左サイドバックは、燃えている。日本代表のDF長友佑都(31)。2014年のワールドカップ(W杯)ブラジル大会はコロンビア戦で1―4と完敗し、1次リーグ敗退。脳裏に焼きつくのはあのときの光景だ。今大会は19日の1次リーグ初戦で再び相まみえる。

ロシア・カザンでの17日の練習。冒頭のウォーミングアップで、長友は笑みを浮かべながらも、表情は徐々に引き締まっていった。

 「4年前、ずたずたにされた。試合後にピッチに座りこんでいると、コロンビアの選手に励まされた。もうあんな経験はしたくない」

 突きつけられた世界との力の差。チームメートにも妥協を許さなくなった。

西野朗監督(63)が就任し、8日のスイス戦まで2連敗。日本の今大会に臨むメンバーの平均年齢は28・26歳と、W杯6度目の出場で最も高い。その結果のでなかったチームで行動に出た。

 スイス戦を終え、オフを挟んだ10日、MF本田圭佑(32)へ厳しい言葉を伝えた。「パフォーマンスを上げてもらわないと、このチームは勝てない」

 強気な発言でならす、仲の良い同学年にまで注文をつけたのは、「ベテラン」と言われる自分も危機感を募らせているから。「経験だけで勝たせることはできない。戦って、走れないと経験は生きない」。国際Aマッチ出場105試合を数える男は、この合宿中のつかの間のオフもバイクをこぐなど努力を続ける。

 この4年で環境は変わった。結婚し、子どもも生まれた。8季過ごしたインテル・ミラノイタリア)から、出場機会を求めて今季はガラタサライ(トルコ)に期限付き移籍した。

 でも変わらなかったものもある。それは、あの悔しさ。「今度は、日本とコロンビアの立場が4年前とは逆になるような結果とプレーを求めていきたい」

 全力で走り、戦う。

朝日新聞より引用

 

朝日新聞の購読申込ページ  「W杯開幕戦、たびたび見かけた旧ソ連国旗」

朝日新聞を公式サイトから購読申込する場合の注意事項

 

朝刊のみご希望のお客様は「配達への要望」欄に朝刊のみとご記入ください

 

申込ページでは朝夕刊セットの値段しか記載がございませんが

朝刊のみでも申込可能です。

 

ただし朝夕刊セット地域では朝刊のみ月極め料金が販売店によって異なるので

売店があいさつに来た時などご確認ください。

カタログギフトプレゼントキャンペーンで申込たい方 下記↓↓クリック

 

 

朝日新聞の朝刊紙面より「その理由とは」

f:id:vyh04236:20180617090344j:plain

ロシアで14日に始まったサッカー・ワールドカップ(W杯)。開幕戦のあったモスクワのルジニキ競技場ではロシアの三色旗に交じって、赤い国旗をたびたび見かけた。よく見ると旧ソ連の国旗。旧ソ連時代のユニホーム姿のファンも少なくない。どうしてソ連? 尋ねてみると、胸の内には様々な思いがあった。

 

赤地に白い文字で「CCCP(ソ連の略称)」。古びたユニホームを着ていたのは、イエフゲニ・ボロフさん(59)。「このシャツはもう20年間着ている。昔はソ連チームは強かったんだよ」。自慢げに見せてくれた背中の「23」は、1963年に年間世界最優秀選手に輝いた伝説のGKヤシンの背番号だ。

 かつて、ソ連はサッカー強豪国だった。66年にはW杯で4強入り。88年ソウル五輪では、決勝でブラジルを破って優勝。この年、欧州選手権でも準優勝を果たした。「いまの選手たちは高い給料をもらいすぎ。この国は豊かになったけど、大切なことも失った」とボロフさんは顔をしかめた。

 ソ連時代のサッカーを懐かしむのは、ロシア人だけではない。旧ソ連に生まれ、ウズベキスタンから米国に亡命したダニエル・アバエフさん(42)もソ連の国旗をスタジアムで掲げた。「スター選手の多かった、あの頃のソ連に戻りたい。24年住んでも、米国人にはなれない。なぜなら私はソ連人だから」と、はるばるニューヨークから応援に駆けつけた。

 彼らは口々に「かつては国自体もよかった」と懐かしむ。ソ連のユニホームを着た弁護士のセルゲイ・アファナシェフさん(42)は「ノスタルジーですよ。一部の人たちの考え方ですが」と解説する。

 「ソ連時代は豊かでなくても、平等がある国だった。いまは生活レベルは上がったが、気持ちは暗い。いくらお金があっても、次に考えるのはそれをどう守るか。心の平和は訪れないんです」

 意外なのは、こうした考え方をする若者もいることだ。保険会社で働くキリル・マリンさん(24)は「心の中はソ連です」と胸に手を当てる。

 生まれたのはソ連崩壊の後。だが両親の話から興味を持ち、インターネットや本で旧ソ連を学んだ。「いまは『ソ連は悪い』っていう映画や本が多いでしょ。でも昔は産業もスポーツも発達していた。強い国だったと思うんです」

 ロシアの民間世論調査機関レバダセンターによると、ソ連崩壊を「残念」と思う人は半数以上。近年はわずかながら増加傾向にあるという。旧ソ連時代も決してバラ色ではなかったが、ロシアでは資本主義の導入などによって格差は広がり、過去を美化する傾向もあるようだ。

 開幕戦、ロシアはサウジアラビアに5―0で快勝。スタンドはお祭り騒ぎになった。「この国が強さを取り戻すスタートになるかもね」。ロシア人男性の一人はそう言って、競技場を後にした。

朝日新聞より引用

 

朝日新聞の購読申込ページ  「広島県警の職務質問「度を超え違法」 」

朝日新聞を公式サイトから購読申込する場合の注意事項

 

朝刊のみご希望のお客様は「配達への要望」欄に朝刊のみとご記入ください

 

申込ページでは朝夕刊セットの値段しか記載がございませんが

朝刊のみでも申込可能です。

 

ただし朝夕刊セット地域では朝刊のみ月極め料金が販売店によって異なるので

売店があいさつに来た時などご確認ください。

カタログギフトプレゼントキャンペーンで申込たい方 下記↓↓クリック

 

朝日新聞の朝刊紙面より「地裁が批判」

 

広島地裁(安藤範樹裁判長)が覚醒剤取締法違反(使用)の罪に問われた男性被告(51)に無罪(求刑懲役4年)を言い渡したことがわかった。14日付。広島県警の捜査手法を違法と判断し、覚醒剤の陽性反応が出ていた尿の鑑定結果は「違法収集証拠」として証拠採用しなかった。

 判決によると、男性は2016年12月、広島市内で複数の警察官から職務質問を受けて逃走。警察官は両肩をつかんで押さえつけるなどし、約4時間後に令状を執行し、採尿した。

 判決は警察官の行為について、任意の職務質問の「限度を超えて違法」と指摘。「公妨(公務執行妨害)とるぞ」と告げた点も「罪を犯していないのに逮捕するという威迫となり違法」と批判した。その上で、こうした過程で得た尿の鑑定結果を証拠とすることは「違法な捜査の抑制の見地から許容できない」とし、証拠能力を否定した。

 県警刑事総務課は「判決確定前のためコメントする立場にない」。広島地検の友添太郎次席検事は「判決内容を十分に検討し、上級庁とも協議し適切に対応したい」とコメントした。

朝日新聞より引用