朝日新聞 購読キャンペーン

朝日新聞購読キャンペーン

朝日新聞の購読申込ページ 「ビットコイン、はじけたバブル 最高値の2割以下に」

朝日新聞を公式サイトから購読申込する場合の注意事項

 

朝刊のみご希望のお客様は「配達への要望」欄に朝刊のみとご記入ください

 

申込ページでは朝夕刊セットの値段しか記載がございませんが

朝刊のみでも申込可能です。

 

ただし朝夕刊セット地域では朝刊のみ月極め料金が販売店によって異なるので

売店があいさつに来た時などご確認ください。

カタログギフトプレゼントキャンペーンで申込たい方 下記↓↓クリック

 

朝日新聞の朝刊紙面より「一時は次世代の通貨といわれたが・・・

f:id:vyh04236:20181211044537j:plain

仮想通貨相場の下落が続いている。代表的な仮想通貨ビットコインは一時1ビットコインあたり40万円を割り込み、昨年8月以来1年4カ月ぶりの低水準となった。昨年12月の最高値200万円超の5分の1以下だ。通貨として利用されるのではなく投機対象となっているが、相次ぐ不正流出や規制強化などで逆風にさらされ、投機としてのうまみも失われつつある。

 仮想通貨交換業者ビットフライヤーのデータによると、7日は前日比6%安の38万円台に下落。週明け10日はやや戻した。

 1月のコインチェックでの不正流出事件後、金融庁仮想通貨業界への規制を強化し、相場は冷え込んでいる。一時は次世代の通貨といわれたが、通常の決済ではほとんど使われず、投機目的の売買が目立った。ビットコイン相場は昨年1年間で20倍も上昇したが「バブル」ははじけた。

 相場下落には別の要因も指摘される。ビットコインは、「ブロックチェーン」と呼ばれるシステム上で、有志が取引を承認し、対価にコインを得ることで成り立つ。作業には多額の費用が必要だが、相場が上がれば採算は合っていた。

 金の採掘になぞらえて「マイナー(採掘者)」と呼ばれるこうした業者は、最近の相場下落で苦しくなった。手元の仮想通貨を売却し、さらに相場下落を呼んでいるとみられる。大和総研の矢作大祐氏は「ビットコイン相場が5千ドル(56万円)を割ると多くのマイナーはコスト割れに陥るとみられる。マイナーが多い中国では撤退の動きもある」と指摘する。

朝日新聞より引用

朝日新聞の購読申込ページ 「灯油にガソリン混入、消防が注意呼び掛け」

朝日新聞を公式サイトから購読申込する場合の注意事項

 

朝刊のみご希望のお客様は「配達への要望」欄に朝刊のみとご記入ください

 

申込ページでは朝夕刊セットの値段しか記載がございませんが

朝刊のみでも申込可能です。

 

ただし朝夕刊セット地域では朝刊のみ月極め料金が販売店によって異なるので

売店があいさつに来た時などご確認ください。

カタログギフトプレゼントキャンペーンで申込たい方 下記↓↓クリック

 

朝日新聞の朝刊紙面より「津のGS販売

f:id:vyh04236:20181210092019j:plain

 

9日午後5時25分ごろ、津市幸町のガソリンスタンド「岡金 ニュー津支店」から「販売した灯油にガソリンが混じっている」と津市消防本部に連絡があった。11月30日~12月9日に販売した灯油にその可能性があるという。消防本部は「火災の恐れがある」として防災無線などで、買った灯油は使わず、この店に持ち込むように呼び掛けている。

 消防本部によると、ガソリンスタンドの地下にある灯油タンクに誤ってガソリンが入れられ、すでに約2千リットルが販売された。9日夕までにこの灯油による火災の連絡はないという。

朝日新聞より引用

 

朝日新聞の購読申込ページ 「知らないのはあなただけ?動画アプリTikTokって」

朝日新聞を公式サイトから購読申込する場合の注意事項

 

朝刊のみご希望のお客様は「配達への要望」欄に朝刊のみとご記入ください

 

申込ページでは朝夕刊セットの値段しか記載がございませんが

朝刊のみでも申込可能です。

 

ただし朝夕刊セット地域では朝刊のみ月極め料金が販売店によって異なるので

売店があいさつに来た時などご確認ください。

カタログギフトプレゼントキャンペーンで申込たい方 下記↓↓クリック

 

朝日新聞の朝刊紙面より「今年の新語・流行語大賞にノミネート

f:id:vyh04236:20181209060533j:plain

若者に大流行している動画SNSだ。一体、どんなサービスなのか。

 TikTokは、15秒の短い動画を共有できるアプリ。音楽に合わせて動画を撮影し、簡単に編集したり、特殊効果を出したりできるのが特徴だ。テンポよく切り替わる動画が次々に投稿されている。2012年に中国で設立された会社が提供するアプリで、日本では17年夏からサービスを開始。18年7月時点で国内の月間総再生回数は130億回を超えた。ユーザー数や拠点数は公表していないが、150カ国以上でサービスを提供しているという。

 SNSに関するウェブメディア「kakeru」編集部の佐藤帆奈美さん(23)によると、利用者は10代が中心。初期にはやったのは、音楽に合わせて口パクで踊る動画だ。同じテーマで同じ構図を再現して投稿するのも人気で、例えば「いいアゴ乗ってんね」というハッシュタグで、手のひらにあごを乗せるだけの動画が爆発的にヒット。「独自性を出すというより、まねするだけで気軽に投稿できるのが特徴」という。同じように動画が投稿できるインスタグラムでは「美的センス」が求められ、ハードルが高いが、気軽さが受けているという。

 ログイン前の続き都内の私立中学1年の女子生徒(12)は、「お風呂から上がった後にずっと見ちゃう。口パクがうまい美男美女の動画や、かっこよくなくてもギャグセンスのある人の動画が好き」。都内の私立高校1年の女子生徒(15)も、学校の休み時間に友だちと2人で踊る口パクの「双子ダンス」を撮ったことがあるという。「ただ、TikTokは知らない人も見るので、投稿はしていない」

 TikTokによる最近の調査ではダウンロードした人の3割以上が26歳以上で、旅行やグルメ、ペットなどの投稿が増えているという。佐藤さんは「ツイッターで何げない日常をつぶやくのと同じ感覚で、動画を投稿する形になりつつある」。また、清涼飲料メーカーがオリジナル曲で芸能人が踊った動画を投稿するなど、プロモーションにも利用されているという。

 ポピュラー音楽に詳しい大阪市立大学大学院の増田聡教授(47)は、こうした動画アプリが若者に受けいれられるのは、「いまの若い世代はスマホなどで自らの姿を撮り、見ることに慣れており、メディアを介して公開することにも抵抗感が少ないから」とみる。

 TikTokについて「面白い映像を撮ったり、音楽に合わせたりするには高い技術が必要だったが、スマホ一つでできるようになり、いかに面白い発想をするかの勝負になっている。ヒップホップも楽器を買うお金のない若者の楽しみから始まったが、身近なものを用いて楽しみを生み出す点では同じ。こうした『ネタ動画』も、思わぬ発展の可能性を秘めているのかもしれない」。

朝日新聞より引用

朝日新聞の購読申込ページ 「攻撃成功の報に歓声、残った「なぜ」 真珠湾攻撃77年」

朝日新聞を公式サイトから購読申込する場合の注意事項

 

朝刊のみご希望のお客様は「配達への要望」欄に朝刊のみとご記入ください

 

申込ページでは朝夕刊セットの値段しか記載がございませんが

朝刊のみでも申込可能です。

 

ただし朝夕刊セット地域では朝刊のみ月極め料金が販売店によって異なるので

売店があいさつに来た時などご確認ください。

カタログギフトプレゼントキャンペーンで申込たい方 下記↓↓クリック

 

朝日新聞の朝刊紙面より「軍部を恨む

f:id:vyh04236:20181208092956j:plain

 太平洋戦争の幕開けとなったハワイ・真珠湾攻撃から8日で77年。戦火をかいくぐった兵士たちは、多くの犠牲を強いた戦争に怒りと疑問を抱き、平和への思いを強くしている。

 「ただ今より重大発表をする。12月8日、ハワイ・真珠湾を攻撃する」

 太平洋を航行する航空母艦「加賀」の艦長が声を上げた。甲板に集まった乗組員の中に、当時21歳の長沼元さん(98)=福岡市南区=もいた。「米国と戦争が始まる」。興奮が艦内を包んだ。

 ログイン前の続き加賀など6隻の空母を主力とする海軍機動部隊は1941年11月末に北海道・択捉島を出発し、真珠湾をめざしていた。12月8日(現地時間7日)未明、長沼さんは攻撃機の整備作業に追われ、飛び立つ機影に手を振って見送った。

 しばらくして、攻撃成功の一報が届いた。ウワーッという歓声。帰艦した搭乗員たちと手柄話に花を咲かせた。だが、翌年のミッドウェー海戦で日本は大敗。加賀も激しい爆撃を受け、爆弾が誘爆して沈没した。戦友が命を落とし、甲板にいた長沼さんも両足などをやけどした。

 戦後は農家や郷土史家として歩んだ。後遺症で足を曲げられず、畑仕事では苦労を重ねた。戦後、報道などで戦時の状況を知るにつれ、「食料や資源が少なかったのに、なぜ戦争を始めたのか」と疑問を抱くようになった。2006年には戦争体験を後世に伝えようと、手記を自費出版した。

 長崎県佐世保市海軍墓地で営まれるミッドウェー海戦の慰霊祭にはほぼ毎年参列し、亡くなった仲間を慰霊している。ただ、元乗組員で参列するのは長沼さんだけになった。

 分断と対立が世界を覆う今、長沼さんは思う。「相手を思いやれば、人と人との対立、戦争はなくなるのではないか。平和をどのようにつくっていくか、みんなで考えてほしい」(伊藤繭莉)

 日本軍は1941年12月8日、マレー半島東海岸のコタバルへも上陸した。

 福岡県久留米市出身の元日本兵、本村喜一さん(98)=東京都八王子市=は荒れ狂う海から、陸を目指した。敵の陣地から弾が飛んで来る。銃を背負い、鉄帽をかぶって海からはい上がり、海岸を匍匐(ほふく)前進。すぐ隣にいた中隊長は首を撃たれて死亡した。

 44年3月に始まったビルマ(現ミャンマー)でのインパール作戦では、インド国境近くまで侵攻した。物量に勝る英印軍と向き合い、崖に張り付いて爆撃をしのいだ。補給はなく、野草を口に入れた。「もうこの戦争はダメだな」。仲間と言い合った。6月には後退を開始。体はシラミだらけで、マラリアや腸チフスに苦しんだ。

 忘れられない光景がある。ぬかるんだ小さな山を登っていくと、「水をくれ~」と訴える声があちこちから聞こえた。腐臭が漂い、半分腐った遺体が散らばっていた。目や鼻、口に大量のウジがうごめいていた。木にもたれたまま白骨化した遺体もあった。

 本村さんもまもなく動けなくなったが、野戦病院に運ばれて、何とか命をつないだ。47年に復員し、戦後は商社に勤めた。ビルマ戦で亡くなった日本兵を慰霊する人の新聞記事を昨年読んで心を打たれ、体験を語ろうと思った。

 「軍部を恨む。(インパール作戦を遂行した)将軍たちはみんな責任も取らずにその後、出世した。多くの兵士を殺しておいてそんなバカなことがあるか。戦争はいかんですよ」

真珠湾攻撃》 1941年12月8日、旧日本海軍の空母6隻、航空機約350機などからなる機動部隊がハワイ・真珠湾米軍基地を奇襲攻撃。米軍艦6隻が沈没し、約2400人が亡くなった。日本側の被害は未帰還の航空機29機、死者64人など。宣戦布告が遅れたため、米国では今も「だまし討ち」との批判がある。

朝日新聞より引用

朝日新聞の購読申込ページ 「ソフトバンク通信障害」

朝日新聞を公式サイトから購読申込する場合の注意事項

 

朝刊のみご希望のお客様は「配達への要望」欄に朝刊のみとご記入ください

 

申込ページでは朝夕刊セットの値段しか記載がございませんが

朝刊のみでも申込可能です。

 

ただし朝夕刊セット地域では朝刊のみ月極め料金が販売店によって異なるので

売店があいさつに来た時などご確認ください。

カタログギフトプレゼントキャンペーンで申込たい方 下記↓↓クリック

 

朝日新聞の朝刊紙面より「エリクソン社製の設備に不具合

ソフトバンクは6日、全国で携帯電話の通信障害が発生したと発表した。午後1時40分ごろから午後6時過ぎまで、全国で通話やデータ通信が利用できないか、利用しづらい状況になった。通信回線をつなぐ複数の設備に不具合があったためという。

通信障害が起きたのは、「ソフトバンク」と「ワイモバイル」の両ブランドの端末と、ソフトバンクの回線を使う格安スマホ事業者の端末。携帯電話の通信網を使った固定電話「おうちのでんわ」や、家庭用Wi―Fi(ワイファイ)サービス「ソフトバンク エアー」でも同じような障害が起きた。

 同社によると、不具合があった設備は、スウェーデンエリクソン社製。同じ設備を使う海外11カ国の通信事業者でも、ほぼ同じ時刻に同様の不具合が発生していたという。

 ソフトバンクは「お客さまにご迷惑をおかけしたことをおわび申し上げます」などとコメントした。

朝日新聞より引用

 

朝日新聞の購読申込ページ 「拳銃1丁・実弾139個を密造した疑い、会社員を起訴」

朝日新聞を公式サイトから購読申込する場合の注意事項

 

朝刊のみご希望のお客様は「配達への要望」欄に朝刊のみとご記入ください

 

申込ページでは朝夕刊セットの値段しか記載がございませんが

朝刊のみでも申込可能です。

 

ただし朝夕刊セット地域では朝刊のみ月極め料金が販売店によって異なるので

売店があいさつに来た時などご確認ください。

カタログギフトプレゼントキャンペーンで申込たい方 下記↓↓クリック

 

朝日新聞の朝刊紙面より「観賞用として

f:id:vyh04236:20181205054710j:plain

 拳銃や実弾を密造したとして、神戸地検は4日、兵庫県姫路市青山南4丁目の会社員栗田優煇容疑者(23)を武器等製造法違反の罪で起訴した。

 起訴状によると、栗田容疑者は2014年4月~16年1月ごろ、自宅で単発式拳銃1丁を組み立て、実弾139個を製造したとされる。県警が今年10月に銃刀法違反の疑いで逮捕し、その後、銃器や実弾製造に絡む容疑で再逮捕していた。

 県警によると、同容疑者は市販の金属部品や鉄板を加工。火薬は花火から取り出していたという。動機については「拳銃に興味があった。観賞用として造った」と供述したという。

朝日新聞より引用

朝日新聞の購読申込ページ 「死亡・クローン説流された大統領」

朝日新聞を公式サイトから購読申込する場合の注意事項

 

朝刊のみご希望のお客様は「配達への要望」欄に朝刊のみとご記入ください

 

申込ページでは朝夕刊セットの値段しか記載がございませんが

朝刊のみでも申込可能です。

 

ただし朝夕刊セット地域では朝刊のみ月極め料金が販売店によって異なるので

売店があいさつに来た時などご確認ください。

カタログギフトプレゼントキャンペーンで申込たい方 下記↓↓クリック

 

朝日新聞の朝刊紙面より「私は本物、元気だ!

f:id:vyh04236:20181204070553j:plain

 

「すべての人に私は本物と断言する。今月には76歳の誕生日を祝う。まだまだ元気いっぱいだ!」。ナイジェリアのブハリ大統領が2日、ツイッターにそんな投稿をして注目を集めた。ブハリ氏は「健康状態が悪化して死亡し、クローンにとって代わられた」という誤情報がネットなどで飛び交っており、自ら否定した。

 ブハリ氏は2日、滞在中のポーランドからツイッターに投稿。「本日の会議で話題になった疑問は、私がクローンかそうではないかだった」とつぶやき、自身が話している映像を公開。「ばかげたうわさが広まっているのは驚くことじゃない。私が昨年治療を受けながら休暇を取っていた時も、多くの人が私の死を望んでいた」と書き込んだ。

 ブハリ氏は2015年の大統領選で初当選。だが昨年、医療検査で英国に1カ月以上滞在し、ナイジェリアでは死亡したという誤情報が流れていた。

朝日新聞より引用